地球のミライを環境と教育の視点から考えます。

アルカリと塩基の違いとは?

アルカリと塩基?

 「酸性」や「アルカリ性」という言葉は、小学校や中学校の理科でよく聞きましたよね。

 しかし、高校の化学になると急に「アルカリ性」ではなく「塩基性」という言葉に変わります。これはなぜなのでしょうか。

塩基が水に溶けたものを「アルカリ」

 実は「酸」と逆の性質をもつものは「塩基」と呼ばれます。その塩基のうち水に溶けたものを「アルカリ」と呼ぶのです。

中学までは水に溶けたものしか扱わない

 中学理科までは酸・アルカリの定義を以下のようにしています。

 水溶液中で電離し,H+を生じる物質がOHを生じる物質がアルカリ

 ということなので、水に溶けていることが前提なので、「アルカリ」という名前でいいんですね。ちなみにこの定義はスウェーデンの科学者であるアレニウス(Svante August Arrhenius)が定義したものです。