地球のミライを環境と教育の視点から考えます。

王水って何?

王水とは

 王水は,濃塩酸と濃硝酸を3:1の体積比で混合した混合物の液体です。金や白金などの金属も含め,多くの金属を溶解できることからこの名がついたとされています。

王水になる際の反応式

 濃塩酸と濃硝酸を混合すると,

HNO3 + 3HCl → NOCl + 2H2O + Cl2

のような反応が起こります。NOClは塩化ニトロシルという刺激臭のある黄色の気体です。

王水と金の反応

 Au + NOCl + Cl2 + HCl → H[AuCl4] + NO

 H[AuCl4]はテトラクロロ金(III)酸と呼ばれ,強い潮解性,腐食性があり,加熱すると塩化水素を失って塩化金(III)AuCl3になります。

王水と白金の反応

Pt + 2NOCl + Cl2 + 2HCl → H2[PtCl6] + 2NO

 H2[PtCl6]はヘキサクロロ白金(IV)酸と呼ばれる潮解性の強い物質です。