地球のミライを環境と教育の視点から考えます。

pHは何の略?

pHとは?

 pHは酸性やアルカリ性の強さを表す指標として、広く河川や温泉の成分分析に用いられていますね。pHは「ピーエイチ」とそのまま読みますが、昔はドイツ語読みで「ペーハー」と呼ばれていたため、現在でも呼び方は混在しています。

pHは「水素イオン指数」

 pHは「水素イオン指数」とも呼ばれ、水溶液中のH+の濃度をもとにした量で表されます。0〜14までの値で,7が中性。0に近づくほど酸性が強く,逆に14に近づくほどアルカリ性が強くなります。

pHは何の略?

 本題です。pHは何の略でしょうか。ここでポイントなのが、「p」は小文字で「H」が大文字ということですね。日本語訳からも分かるように「H」は水素を表しています。pは何でしょうか。これは実は諸説あるのですが、「potential」や「power」と英語表記では表されています。

 pH = 「potential of Hydrogen」or「power of Hydrogen」

 水素イオンがどれほど含まれているか、あるいは、その水素イオンによってどれほど酸の性質が現れるかということを示した値ということですね。