地球のミライを環境と教育の視点から考えます。

企業・団体等による大阪・関西万博「パビリオン出展」参加者が内定

企業・団体等による大阪・関西万博「パビリオン出展」参加者が内定

 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、企業・団体等による2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)「パビリオン出展」への参加者を内定しました。
当協会は、2021年9月16日より10月29日まで企業・団体等を対象に、大阪・関西万博の会場内でパビリオンを建設し、本万博のテーマに沿って工夫を凝らした展示や演出を行うことにより、来場者に未来社会を感じさせ感動を与えてくれる、チャレンジ精神に溢れるパビリオン出展参加者を募集しました。このたび、当協会にて「パビリオン出展審査委員会」を開催し審査を行い、日本国政府との協議の上、下記のとおり13企業・団体がパビリオン出展参加者に内定しました。
 今後、「パビリオン出展」を始めとする企業・団体との様々な共創により、大阪・関西万博の魅力を高めていきます。

出展参加者(五十音順)

企業・団体等内容等
飯田グループホールディングス株式会社~飯田グループ HD × 大阪公立大学(現大阪市立大学) 共同出展館~
一般社団法人大阪外食産業協会
住友EXPO2025推進委員会
特定非営利活動法人ゼリ・ジャパン
玉山デジタルテック株式会社
電気事業連合会カーボンニュートラルのさらにその先を見据え、社会の基盤を支える電力業界ならではの視点で未来社会を描く
一般社団法人日本ガス協会次世代を担う子供たちに、エネルギーや暮らしの未来のワクワク感、希望を 共有し、その未来に向かって一歩を踏み出すきっかけ
日本電信電話株式会社NTT Pavilion Natural 生命とITの<あいだ>
株式会社バンダイナムコホールディングス~『ガンダム』を軸に「人と人」「人と社会」「人と世界」が “つながる”場所を~
株式会社パソナグループ誰もが健康でイキイキと活躍できる社会の実現
パナソニック株式会社「ノモの国」
コンセプトは、“解き放て。こころと からだと じぶんと せかい。”
三菱大阪・関西万博総合委員会「三菱未来館」
吉本興業ホールディングス株式会社

飯田グループ HD × 大阪公立大学(現大阪市立大学) 共同出展館

 飯田グループホールディングス株式会社と大阪公立大学は、このたび、2025 年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の企業・団体によるパビリオン出展参加者に 国内初の試みで産学連携し、共同出展館として出展することが内定いたしました。

 これまで、飯田グループホールディングスと大阪市立大学は「人、社会、地球の健康」をテー マに、持続可能な住まい・暮らし・社会を創造する「未来型住宅」や「まちづくり」の実現に向けて、共同研究部門を設け、研究・開発を行ってまいりました。

 2025 年大阪・関西万博のメインテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」は、まさに私たちが目指す未来社会そのものです。パビリオン出展を目標に活動している大阪市立大学・大阪府立大学の学生らを中心に構成される学生団体「Honaikude」も参加し、学生・大学・企業の視点からパビリオンを計画します。

 パビリオン出展を通じて、世界中の方々との交流を機に SDGs に寄与する様々なアイデアを広く 発信するとともに、「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現に何が大切かを一人一人が思案し、行動に移せるような、さらには「夢」や「希望」があふれ、来館いただいたすべての皆様に「幸せ」を感じていただけるようなパビリオンを目指します。

NTT パビリオン Natural 生命とITの<あいだ>

パビリオン名称(案)

NTT Pavilion Natural 生命とITの<あいだ>

NTT Pavilion Natural 生命とITの<あいだ>

 1970年の大阪万博、ワイヤレステレホン(携帯電話)等、未来の情報通信の展示により、たくさんの子どもたちに夢と希望を提示した電気通信館。NTTは当時、日本電信電話公社として、その一翼を担いました。

 NTTは、2025年の大阪・関西万博においても、光技術を活用した新たな情報社会基盤である「IOWN(Innovative Optical and Wireless Network)」をはじめとした先進的な研究開発やICT基盤、人材など、様々な経営資源や能力を最大限活用し、持続可能性への取り組みを体現する新しい社会像を発信するとともに、不確かな世界を生きていく子どもたちに、未来への希望を与え、多くの人の記憶に残るパビリオン、万博にしていきます。

<ステートメント>

分断や格差。あるいはネット社会の軋轢。
テクノロジーが進んだ結果、
この世界の壁は増えつづけているように思える。
さらに気候変動をはじめとする地球環境の問題は、
もはやまったなしのところまで来ている。
NTT Pavilion NATURAL
生命と IT の<あいだ>。
それは、いってみればすべての壁をなくした世界だ。
デジタルとアナログの境界をなくし、
バーチャルを超えたリアルの世界に新しい価値を見出す。
さらに、低エネルギー、省電力を徹底することで、
カーボンニュートラルをはじめとした環境負荷の低減をめざす。
自分と他者、人間と自然、人間とAI 、宇宙と地球、
過去と未来、壁の向こう側とこちら側。
そんな二項対立を取りのぞき、
これからの世界を生きていくすべての人たちのために、
誰もがあるがままに幸福に生きられる世界をつくる。
私は私たちであり、どこまでもひとつだ

バンダイナムコ パビリオン 「ガンダム」をテーマに

 バンダイナムコグループは、IP(Intellectual Property:キャラクターなどの知的財産)を軸とし、世界中の IP ファン、あらゆるパートナー、グループ社員、そして社会と つながり、ともに未来を創る姿を目指し、「Fun for All into the Future」を掲げたパーパスを 2022 年 4 月より導入いたし ます。パーパスのもと、「人と人」、「人と社会」、「人と世界」のつながりを重視するグループとして、2025 年日本国際博 覧会(大阪・関西万博)のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」 、サブテーマ「いのちを救う」「いのちに力を与え る」「いのちをつなぐ」に賛同し、出展に応募いたしました。

 バンダイナムコグループの自社 IP である『ガンダム』は、1979 年のTVアニメーション放送から 40 年以上にわたり映 像作品や商品・サービスなどを通じてファンとつながり続けることで、IP の価値を向上させてきました。また、『ガンダ ム』を通じて社会問題を考えるサステナブルプロジェクト「GUNDAM UNIVERSAL CENTURY DEVELOPMENT ACTION (GUDA)」を立ち上げるなど、IP から SP(社会的アイコン)への成長を目指し、さまざまな社会的課題への取り組みを行 っています。

 世界中からたくさんの人やモノが集まるとともに、地球規模でのさまざまな課題に取り組むために世界の英知が集 まる場である 2025 年日本国際博覧会(大阪・関西万博)へ『ガンダム』を軸とした出展を行うことで、持続可能な開発 目標(SDGs)達成への貢献にもつなげていきたいと考えています。

 今後は、2025年日本国際博覧会協会とともに 2025 年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の成功に向けてパビリ オン出展の準備を進めてまいります。

三菱グループ パビリオン「三菱未来館」

 三菱グループは、このたび、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の企業・団体によるパビリオン出展参加 者に内定いたしました。

 今回の大阪・関西万博は、新型コロナウィルス感染症を乗り越え、2030 年の国連の持続可能な開発目標 (SDGs)達成への確かな道筋を提示し、2050 年に実現を目指すカーボンニュートラル社会や未来社会 Society5.0 の実現に向け、歩みを進めて行く起点となる重要な事業と認識しております。

 私たち三菱グループは、1970 年大阪万博以来、多くの博覧会にパビリオンを連続出展してまいりましたが、 こうした重要な事業となる次回大阪・関西万博に出展者として再び参加し、「いのち輝く未来社会のデザイン」と いう万博の掲げるテーマの実現に向けて、その一翼を担わせていただくことに大きな喜びと責任を感じて おります。

 出展するパビリオンの名称は「三菱未来館」とし、パビリオンを通じて、地球規模に広がる諸問題への私たちグ ループの取組みと解決策をご紹介すると共に、1870 年の創業以来担ってきた社会的役割を改めて世界に広 く発信し、持続可能な地球と社会の発展に貢献し続けたいとの想いをお伝えいたします。

 なお、パビリオン出展の実行団体として、「三菱大阪・関西万博総合委員会」をグループ 33 社により組織し、 2025 年 4 月 13 日の万博開幕に向けて諸準備を進めております。

▶ 三菱大阪・関西万博総合委員会 委員長 木村 千章(三菱重工業株式会社 執行役員)のコメント

 2025 年日本国際博覧会(大阪・関西万博)に、私たち三菱グループのパビリオン出展が内定いたしましたこと を大変有難く思い、関係各位のご協力・ご支援に深く感謝申し上げる次第です。 大阪・関西万博は、地球規模に拡がる多くの課題への挑戦を共有する場となることが期待されます。 私たち三菱グループも「三菱未来館」の出展を通じて、大阪・関西万博のテーマである「いのち輝く未来社会の デザイン」を実現・共創するべく、2025 年日本国際博覧会協会のみなさまと共にパビリオン出展の準備を進め てまいります。

 2025 年には、多くの皆さまにご来場いただき、お一人お一人の心に残るようなパビリオンの実現をグループ 全員一丸となって目指してまいりますので、どうぞ「三菱未来館」にご期待ください。

<参考>愛知万博 企業パビリオン一覧

企業・団体等内容等
電気事業連合会ワンダーサーカス電力館
「科学技術」「自然との共生」「人の心」をベースに「地球と人と夢、この素晴らしい世界」を表現した8つのシーンを、ゆめを乗せた電車型ライドで巡ります。
東海旅客鉄道株式会社JR東海 超電導リニア館
超電導リニア発進!JR東海超電導リニア館では、究極の高速鉄道「超電導リニア」のすべてを紹介します。これまでの陸上交通システムの限界を遥かに超えた超電導リニアの完成度の高さを、3Dシアターや世界最高速を記録した実物車両、超電導技術の展示を通して体感することができます。ここを訪れれば来るべき明日を垣間見られます。
日本自動車工業会ワンダーホイール 展・覧・車
ワンダーホイール展・覧・車は、50メートル級の観覧車を演出装置に使う、国際博覧会史上初のパビリオンです。
プログラムは「プレショー」「メインショー」「ポストショー」の3つで構成されています。
上昇する観覧車から時空を超えた不思議な演出空間を旅しながら、人とクルマと地球の関わりをご覧頂けます。
三菱愛知万博綜合委員会三菱未来館@earthもしも月がなかったら
三菱未来館では、世界初の未体験映像空間IFXシアターで「もしも月がなかったら」の地球の姿と現在の美しい地球の姿を体験し、地球環境の維持の大切さを実感して頂ければと思います。
トヨタグループトヨタグループ館
未来コンセプトビークル「i-unit(アイユニット)」やトヨタ・パートナーロボットによる感動・興奮のパフォーマンス・ショー!
ショーは、ウェルカムショーとメインショーの2部構成です。
日立グループ日立グループ館
「Nature Contact ~日立のITで蘇る希少動物達とのふれあい~」を出展テーマに、「プレショー」「メインショー」「ポストショー」の3部構成で、ご来場いただいたお客さまに日立が考える「未来のユビキタス社会」を体験していただきます。「プレショー」では、日立の最新技術を結集して開発された情報表示端末「Nature Viewer」を使って、希少動物についての情報を閲覧していただき、「メインショー」では、ユビキタス・エンターテインメント・ライドに乗って、5つのさまざまなシーンをごらんいただきます。「ポストショー」では、メインショーのシーンでのお客さまを撮影した記念写真を、ミューチップ付き入場券を使ってユビキタスディスプレィでごらんいただきます。
愛・地球博 三井グループ三井・東芝館
三井・東芝館では、観客自身が映画の出演者となって活躍する、世界初の映像システム「フューチャーキャスト」によって、かつて誰も体験したことのない驚きと感動のエンターテインメントをお届けします。
中日新聞プロデュース共同館組織委員会夢みる山
一つの敷地内に4社(積水ハウス、中部日本放送、東海テレビ放送、中日新聞社)の共同展示であるテーマシアターと3社(シヤチハタ、日本ガイシ、ブラザー工業)の個別展示ゾーンを設け、それぞれに「21世紀のちから」を具体的に展開します。エキサイティング(Exciting)で楽しい(Entertainment)そして体験(Experience)のできる「3つのE」を目指した展示です。
社団法人 日本ガス協会ガスパビリオン 炎のマジックシアター
炎をテーマにしたハイパーライブ「炎のマジックシアター」は、「愛・地球博」の中でも人気のパビリオン!ユーモアあふれるストーリー、ファンタジックな映像、アクターによる炎のマジックなど見どころがたくさんのエンターテインメントショーです。今すぐ予約して、「炎のマジックシアター」の驚きと感動の世界を体験しよう!
愛知県陶器瓦工業組合瓦オブジェ「花もあらしも」
室町中期に創始された三州瓦1万枚を使った幅70mにわたるオブジェを企業パビリオンゾーンAの前の桜並木北側400平方メートルに及ぶ芝の上に設置。瓦の原料には一部廃棄瓦も使っています。 
最新情報をチェックしよう!